○出展社用

出展をご検討の方へ

出展のメリット

2018国際ウエルディングショーは溶接・切断・レーザ加工・非破壊検査などの世界的な技術ショーであるとともに、経済のグローバル化をにらみ日本発の情報発信のハブとしての機能を強化。今回は「溶接接合技術がつなぐ ものづくりと人づくり」をテーマに、東京オリンピック開催を目前に控え、日本ものづくりを支える基盤技術である溶接・接合の素晴らしさを世界に大きくアピールします。前回に続きビジネスマッチングシステムを拡充して、出展社と来場者の結び付きを高めトレードショーとしての位置付けも強化、テーマ別ソリューションミニセミナーやトレンドセミナーも開催し、個別ニーズに則した提案を提示。さらに、アジアをはじめとする海外からの出展・来場誘致に注力し、グローバルなビジネスネットワークも充実。過去に例のない国際色豊かなJIWS(国際ウェルディングショー)を披露する予定です。

また出展社向けの環境も整備。2017年6月16日までの申し込みに対しては、早割料金(一般30万円、会員27万円)を適用しております。また、希望出展社に対しては角小間指定も無料で受け付けます(先着順)。最終出展締め切りは9月22日。

 今回は、中小企業を対象としたミニ小間料金(12万円)も設定。初出展社および前回出展から4年以上経過した中小企業に対し、基礎小間をコンパクトにしたスペース(3・92平方㍍、間口1・98×奥行き1・98×高さ2・7㍍)で、出展募集。

 さらにビジネスマッチングシステムを無料提供するなど、随所に出展しやすさを配置しています。

出展の特典

・早割特典制度の導入

早割特典Ⅰ、早期申込割引、早期特典Ⅱ、希望により角小間指定可(数に限りあり、1小間から5小間)

・ミニ小間の新設

初めての出展社、最後の出展から4年以上のブランク(2014東京以前)があるリピーターに限定。1社1小間。
※ただし出展物に制限あり

・ビジネスマッチングシステムの導入(無料)

事前登録した来場者と出展社が会期前に情報交換をすることで、会期中の有益な商談を創出し、出展社の顧客獲得・販売促進効果が期待できるアポイントシステムです。  

・海外ディーラー、ユーザーの特別招待

アジア各国よりディーラー、ユーザーを会場に特別招待。出展社との貴重なビジネスマッチングの場を提供致します。歓迎レセプション等も開催。

・ビジネスラウンジの設置

出展社と国内外来場者の商談に利用。効果的な商談の場を提供。

・グローバルな業界懇親パーティの開催

会期初日に出展社の貴重な情報交換の場を提供。アジア各国の溶接関連メーカー、ディーラー、ユーザーも多数参加。

出展のご案内

ご あ い さ つ

 

2018国際ウエルディングショーは、来る平成30年4月25日から28日までの4日間にわたり、東京ビッグサイトを会場に開催の運びとなりました。

 1969年の第1回から数えて今回がちょうど25回目。隔年で東京、大阪と交互に開催して49年の歴史を有するところとなりましたが、この間、本ショーはそれぞれの時代背景をテーマに技術革新を促し、一貫して産業界の要請に応える先導的役割を果たしてまいりました。

 また、本ショーは、溶接、切断からレーザ加工、マイクロ接合、粉体加工、溶射、表面改質、非破壊検査あるいは金属積層造形・CFRP加工技術、CAD/CAM、CIMといったコンピュータテクノロジーに至る広範な分野に及び、溶接に関連したあらゆる技術、製品、情報が集中的に展開される一大イベントとなっています。
 さらに、本ショーは、ドイツ・エッセン溶接フェア、アメリカ・AWSウエルディングショー(FABTECH)と並んで世界三大国際溶接展示会の一つとしての評価を得ており、世界の著名メーカーが揃って出品し、世界をリードする最先端技術が一堂に展開されることから、アジア各地からの抜群の集客力と相まって、溶接に関するアジアにおけるハブ展示会としての地位を確立しております。
新製品がいち早く発表されること、ふんだんに実演が行われることが大きな特徴であると同時に、このショーの入場者の大半がエンドユーザーの技術者であるというのも本ショーの特筆されるべきポイントの一つです。技術者層を中心に圧倒的な観客動員を誇っていて、技術ショーとして国際的にも際立った評価を得ています。

 加えて、今回は「溶接接合技術がつなぐ ものづくりと人づくり」をテーマに設定しトレード機能を強化しました。内外にわたる様々な溶接に関するソリューションを展開するとともに、本ショーがハブとなり、世界の先端技術が日本へそしてアジアへ、日本のそしてアジアの技術が世界へと発信されていくことを望みます。

 いま、世界の溶接業界は多様化するニーズに対応した活発な技術開発が展開されています。わが国においては技能の伝承や中小企業の活性化などもにらんだものづくりの復権が課題となっている一方、アセアン、中国やインドを筆頭とするアジア諸国の急速な発展が注目されております。

 関係各位におかれましては、グローバル化の進む今日の状況のなかで新たな展開を図る契機として、本ショーへの出展に対し格別のご高配を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 日本溶接協会
産報出版株式会社

出展をご検討の方はこちらから

「出展のご案内」パンフレットをダウンロードできます

PDF文書を読むには「Acrobat Reader」のご利用をオススメします。お持ちでない方は下のボタン先のページからダウンロードしてください。

▼印刷されたものをご希望の方は、画面右上の「出展のお問い合わせ」からご請求いただくか、ページ一番下に記載の事務局までご連絡ください。

出展対象

アーク溶接関係:
マグ溶接機、ミグ溶接機、ティグ溶接機、プラズマ溶接機、セルフシールド溶接機、サブマージ溶接機、エレクトロガス溶接機、交流アーク溶接機、直流アーク溶接機、エンジン溶接機、バッテリー溶接機、パイプ溶接機、ガウジング機、溶接ホルダー・トーチ、アーク溶接用電極材料、アーク溶接用センサ・制御機器、アーク溶接ロボット、アーク溶接自動化機器、アーク溶接システム、アーク溶接品質管理機器、アーク溶接材料、被覆アーク溶接棒、ソリッドワイヤ、フラックス入りワイヤ、スパッタ付着防止剤、エンドタブ、裏当て材、その他

抵抗溶接関係:
スポット溶接機、ポータブルスポット溶接機、シーム溶接機、プロジェクション溶接機、フラッシュ溶接機、バット溶接機、抵抗溶接用ガン、抵抗溶接用電極材料、抵抗溶接用制御機器・品質管理機器、抵抗溶接ロボット、抵抗溶接用自動化機器・システム、その他

その他溶接関係:
電子ビーム溶接機、エレクトロスラグ溶接機、スタッド溶接機器・材料、ガス溶接機器・材料、摩擦溶接機、FSW(摩擦撹拌溶接)、金属積層造形・CFRP加工技術、FSF(摩擦撹拌フォーミング)、超音波溶接機、ガス圧接機、モールディング、接着・ボンディング、その他

レーザ加工関係:
炭酸ガスレーザ加工機、YAGレーザ加工機、エキシマレーザ加工機、ファイバーレーザ加工機、ディスクレーザ加工機、その他レーザ加工機、レーザ加工機用各種部品、レーザ加工用高圧ガス、アプリケーション、その他

マイクロ加工関係:
ろう付(各種ろう付炉、ろう付トーチ、自動ろう付装置、ろう付ロボット、ろう付材料、ほか)、はんだ付(自動はんだ付、赤外線はんだ付、ディップはんだ付、ウエーブはんだ付、気相はんだ付等装置、はんだ付ロボット、はんだ材料、ほか)、マイクロソルダリング(リフロー装置、各種実装技術、ロボット、はんだ材料、鉛フリー関連製品、ほか)、マイクロアーク、マイクロティグ、マイクロ高周波溶接、マイクロ抵抗、マイクロレーザ、レーザマーカー、ヒュージング、マイクロ超音波、マイクロFSW、熱圧着、ワイヤボンディング、各種制御装置、検査装置、その他

鉄骨加工関係:
建築鉄骨加工用資材、機械切断機、開先加工機、穴明け加工機、シャーリングマシン、反転機、仮組治具、ガウジング機、バリ取り機、溶接・溶断機機、溶接ロボット、ショットブラスト、鉄骨CAD/CAM、非破壊検査装置、パス間温度測定機材、その他

非破壊検査関係:
放射線透過試験装置、超音波探傷装置、フェーズドアレイ探傷装置、超音波厚さ計、AE装置、浸透探傷装置、磁気探傷装置、渦流探傷装置、VT装置、ひずみ計測装置、工業用X線フィルム、増感紙、自動現像機、材料試験機、非破壊評価機器、硬度測定機等計測機器、材料・検査システム、画像処理装置、損傷劣化予測システム、新材料・複合材料の探傷・評価測定機、検査サービス、その他

表面改質関係:
溶射機器・材料、粉体肉盛溶接・機器材料、肉盛溶接機器・材料、レーザピーニング、ホットプレス、その他

熱処理関係:
熱処理機器全般、PWHT装置、局部焼鈍ヒーター、加熱装置、高周波装置、その他

熱切断関係:
ガス切断機、プラズマ切断機、NC切断機、レーザ切断機、アイトレーサ、ネスティング、簡易自動化機器、自動化システム、コンピュータソフト、その他

機械加工関係:
機械切断機、開先加工機、ベンディングロール、ベンダー、その他

治具・省力化機器関係:
ポジショナー、ターニングロール、マニピュレーター、各種治具、吊りビーム、バランサー、その他

安全・衛生・環境関係:
溶接面、遮光カーテン、作業服、安全靴、その他安全保護具、防じんマスク、日焼け止めクリーム、ヒューム集塵機、その他衛生器具、環境測定機器、その他

溶接補助剤:
スパッタ付着防止剤、エンドタブ、裏当て材、その他

工場設備器具関係:
送風機、集塵機、ブラストマシン、コンプレッサー、洗浄機、バキュームクリーナー、ホイスト、その他工場設備機器、その他

高圧ガス関係:
各種高圧ガス、高圧ガス容器、容器用バルブ、圧力調整器、流量計、混合器、乾式安全器、逆火防止装置、ボンベ搬送器具、ボンベスタンド、その他

流通関係:
溶材商社向けコンピュータシステムパッケージ、容器管理システム、配送管理機材、IT関連、運搬車、その他

工具関係:
各種ゲージ、温度チョーク、研削研磨器具、研削砥石、電動・エアー・油圧工具、クランプ、面合わせ器具、芯出し器具、その他

コンピュータ関係:
CAD、CAM、CIM、シミュレーション、バーチャルファクトリー関連製品、教育訓練システム、その他

図書・ソフト・教育用機材関係:書籍、雑誌、新聞、教育用CHP、教育用ビデオ、教育用コンピュータソフト、CD-ROM、その他

その他

通常小間

小間様式

小間規格:間口3.0m x 奥行き3.0m x 高さ2.7m
(ブロック小間は8小間以上)


(※画像をクリックすると拡大します)

通常料金(税別)

320,000円(一般)
290,000円(日本溶接協会会員)

小間規格対応パッケージブース

パッケージブースとは、あらかじめパラペット、社名板、受付台、椅子、照明器具、カーペット、コンセントがレディメイドでセットになっている小間のことです。独自に装飾の手配をする手間が省けるため、主に小規模出展の出展社様でご好評をいただいております。


(※画像をクリックすると拡大します)

【料金】(税別)※予定
1小間タイプ=68,000円 2小間タイプ=113,000円 3小間タイプ=148,000円

※基本小間料金にパッケージブース料金が加算されます。

早割特典小間

早割特典Ⅰ(2017年6月16日(金)まで)

早割料金(税別)
300,000円(一般) 270,000円(日本溶接協会会員)

*早期申込割引は、2017年6月16日(金)までに出展の申込をいただき、かつ申込金(出展料の50%)入金の確認が取れた出展社に限り適用いたします。

小間様式

小間規格:間口3.0m x 奥行き3.0m x 高さ2.7m
(ブロック小間は8小間以上)


(※画像をクリックすると拡大します)

小間規格対応パッケージブース

パッケージブースとは、あらかじめパラペット、社名板、受付台、椅子、照明器具、カーペット、コンセントがレディメイドでセットになっている小間のことです。独自に装飾の手配をする手間が省けるため、主に小規模出展の出展社様でご好評をいただいております。

(※画像をクリックすると拡大します)

【料金】(税別)※予定
1小間タイプ=68,000円 2小間タイプ=113,000円 3小間タイプ=148,000円

※基本小間料金にパッケージブース料金が加算されます。

【小間料金】(消費税込み)

早割特典Ⅱ(2017年6月16日(金)まで)

角小間指定可

*早期申込者に限り、ご希望に角小間指定が可能です。ただし数に限りがありますので先着順とさせていただきます。1小間~5小間までの申込者が対象となります。

ミニ小間

ミニ小間料金(税別)
120,000円(一般・日本溶接協会会員)

*初めての出展又は最後の出展から4年以上のブランク(2014東京以前)があるリピーターに限定。中小企業、行政、協賛団体向け。但し出展は1社1団体につき1小間までとなっております。またミニ小間のためスペース上展示物に制限が出る場合もあります。

開幕までのスケジュール

出展の支払いについて

出展申込方法

所定の申し込み用紙に所要事項を記入・捺印のうえ、郵送、FAX、もしくはE-Mailで、下記事務局までお申込みください。

▼出展申込先

産報出版株式会社 2018国際ウエルディングショー事務局
E-mail. weldingshow@sanpo-pub.co.jp
〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-11 (産報佐久間ビル)
TEL. 03-3258-6411 FAX. 03-3258-6430
〒556-0016 大阪市浪速区元町2-8-9 (難波ビル)
TEL. 06-6633-0720 FAX. 06-6633-0840

小間料金の払い込み
出展小間料金の50%を申込書提出と同時に払い込みください。
申込み受付後に展示会事務局より請求書を郵送いたします。
残額は平成29年9月22日までに全額払い込みください。

出展の変更または解約 変更または解約を希望される場合は、書面にて事務局宛にご連絡ください。
※出展を取り消された場合、下記の通り解約料金を申し受けます。

平成29年9月22日まで…出展料の50%
平成29年9月23日以降…出展料の全額

割当小間の全部または一部を事務局の承認なしに他に譲渡、貸与もしくは交換することはできません。出展者が平成30年4月24日までに割当小間を使用しないときは小間の権利を失い、この場合、払込済みの料金は返還いたしません。

出展者説明会 平成29年12月中旬(予定)に出展者説明会を開催し、本ショーの会場構成、出展展示品、実演等に関する規定の詳細について説明いたします。

出展申込み 平成29年9月22日(金)締切り
*ただし、満小間になり次第締め切ります。