人・文化・技術をつなぐ溶接・接合,切断の新潮流
-Weld-Beingで環境負荷低減とDXに貢献-

2024国際ウエルディングショー

2024.4.24(水) - 4.27(土)
インテックス大阪
mail_outline Contact
  • language
    Lang.
    expand_more

menu

◎2024国際ウエルディングショー
◎大阪で過去最大規模での開催へ

2023.11.16

 大阪では8年ぶりの開催となる2024国際ウエルディングショーの出展社募集が10月31日で締め切られたが、今回は出展社数が約300社となり、コロナ禍により中止となった前回20年の規模を上回り、大阪では過去最大の出展社数となった。
 本ショーは「人・文化・技術をつなぐ溶接・接合、切断の新潮流」をテーマに開催されるが、産業界における昨今の社会的ニーズ、課題に対するアンサーとしてさまざまな製品群が披露される場として、また、より広く溶接・接合技術を産業界だけでなく、一般にも広くその重要性や面白さを認知してもらえる場として日に日に開催への期待が高まっている。
 今回は関西ならではの企画として「溶接・接合おもしろ館」、「全国高校生溶接シミュレータ大会(高校生VR・AR溶接王!」といった一般や高校、大学生などの若年層を対象としたイベントを用意し、ショーを盛り上げる多彩な企画展示が行われる。
 また熱加工レーザの展示会としては国内最大規模を誇り、実に全出展製品の25%以上がレーザ関連となっており、また話題の3Dプリンター関連もニコンやDMG森精機、NTTザムテクノロジーなど国内の主力メーカーが軒並み顔を揃えた。
 さらには新規出展社も全体の約25%を占めるなど非常に活性化されたショーとなることが期待されている。
 もちろん、溶接産業を取り巻く人手不足対応、カーボンニュートラル実現などの課題に対応した製品群も数多く出展され、大いに盛り上がることが予想される。また会場内での製品展示と講演会が有機的に結合した「レーザ加工フォーラム」、「3Dプリンターフォーラム」が注目されるなど来春の開催が一日も早く待たれる。